間違った方法で起こす肌トラブル

毎日の脱毛の自己処理での、その中で自分が間違っている自己処理をしていて埋没毛を何度も作ってしまったり何度もワキのニキビを作ってしまったことがありました。その処理の方法としては、基本的にはT字のカミソリで剃るというのをしていたのですが、そこから毛抜きでの脱毛処理をしていたので、その中で毛穴を広げてしまってそこから雑菌の繁殖をしていたりニキビを作ってしまう。毛穴を無理やり開けてしまうのでその中で埋没毛というのを作ってしまうということをしてしまっていました。そのことについて知ったのは脱毛サロンに通い始めたときで、スタッフのお姉さんにいろんなことを教えてもらえました。今はレーザー治療による脱毛にシフトチェンジしてから、そのような悩みは一切なくなって埋没毛もなくなったし、ワキニキビもなくなりました。いまは自己処理の回数も格段に減り、毎月脱毛サロンに通うだけ。という状態にまではなってきています。間違った方法を続けていくことで、このままだったら自分の肌にメラニンがたまってかなり黒ずみを起こしかねない状態になっていたそうです。間違った処理をしていた。というのを知れたことでもかなりよかったことかなとおもっています。

私のムダ毛処理方法教えます!

私がムダ毛を気にし出したのは、14歳の時。

夏、女子校だった私は、仲の良い女子8人ぐらいでプールに行くことに。

きちんと自分で水着を買うのは初めてで、本格的な水着を着るのも初めて。

うきうきで水着を買って帰り、お家で試着。

後ろ姿を見ようと鏡に近寄った瞬間、嘘でしょ???

結構剛毛な毛が背中一面。

腕や脚は普通の人より薄く、そんなに気にしたことはなかったので、まさか自分の背中にそんな剛毛が生えているなんて思っていなかったので、衝撃とショックでしばらく背中を観察。

そして 思いきって、初めての除毛クリームを購入。

母に背中に塗ってもらい、無事除毛できたと安心した矢先、除毛クリームが肌に合わず、背中が湿疹でボツボツに。

せっかく除毛で綺麗になると喜んだのは束の間、剛毛のままの方が綺麗だったのでは…と思うぐらい汚い背中に。

それ以来、除毛クリームは怖くて使えず、高校卒業までカミソリ一筋。

カミソリも肌が荒れないよう、少し質の良い海外のカミソリを購入し、3日に1回は毛剃り。

大学入学後は、ようやく脱毛サロンが流行りだし、周りがやっているのを見て、私も始めよう!と早速体験入店。

流行り出した当初だっただめ、今のように安いプランなどなく、好きな場所に光当てて、50ヵ所分で30万弱。

大学生だった私はアルバイトのお金で頑張って分割払い。

主に普段人の目に触れる腕と脚をメインに当て、コースが終わる頃には毛は薄くなり、ほとんど1週間に1回気になるところを剃るぐらいまでに。

ただ、にっくき背中の剛毛には中々手がつけられておらず、コース終了後、延長を考えたがプライスが高くて断念。

まだ社会人3年目ぐらいだった私は、他に安いところを捜し、今度は全身光脱毛12回コースを登録。

3-4ヶ月に1回の頻度で通っているため、次の年明けでやっと12回が終了。

にっくき背中の毛はまだ生えてはいるが、普通の人より薄く薄くなり、量もかなり減り、気にならない程度に。

今では腕脚は1ヶ月に1回カミソリで剃るか剃らないかぐらいです。

12回コースが終了後、どのように脱毛していくかは今考え中です。

以上でございます。

Categories: