しぶといアイツらには退散願う

体の発育がよく、俗にいうアメリカ人にモテやすい体系である私ですが、美容において唯一常に立ちはだかる壁が剛毛です。

中学生くらいからすね毛の濃さは気になっていました。ただ、もともと美容への関心が薄かったせいか、母の使っていた口の周りの産毛用の電気カミソリで軽く気になる部分をなぞって処理していたのを覚えています。

高校生卒業の時期になってからやっと化粧に興味を持ち、美容への関心が高まる一方で、中学生時代の3倍ほどに濃く太く育ったすね毛と腋毛、へそ周りの毛、Vライン。

男性からの目線や彼氏を作ることに興味を持ち始めてきた当時の私は、自分の体になんて敵が多いのだろうと愕然としていましたね。

そのころからムダ毛処理の仕方を研究し始め、はじめて使用したのはイントゥイションのソープ付きカミソリ。

楽に剃れて、なおかつ「剃りたて」の足のすべすべ具合にうっとりしました。当時はその処理後の肌にプロフエールのジェルで保湿、「二度と生えるな」と呪文を唱えるようにつぶやきながら塗り込みました。

その次に試したのが除毛クリーム。ところが、アトピー肌でもあるため、除毛剤の強さに断念。

それから数年は脱毛エステを検討しながらT字カミソリのみでの処理を続け、パナソニックのソイエを奮発して購入しました。

はじめて使用したときは、痛みよりも「数日間毛がない」という事実に感動しました。

ボディソープと併用して風呂場で処理すれば、痛みは本当に軽減されますし、埋没毛のことも考えて頻繁に使わなければ、肌への負担も少しは軽減されます。

そして数か月前までは、安いT字カミソリ数本入りと数か月に一回のソイエでの処理で満足していました。しかし、もう少しキレイにならないかとネットで色々検索。

するとデリーモという除毛クリームを見つけました。デリーモを早速購入し使ってみたところ、今まで使った除毛クリームの中で1番でした!

これはスゴイと思い、友達にもすすめました。その友達からもデリーモは評判がよく、感謝されました。

デリーモを使ったらしばらくはツルツルのまま。除毛に最適なこのデリーモは本当にオススメなので是非試してみてほしいですね。

デリーモのことはこちらに詳しく載っているので一度見てみるといいですよ!

手軽なカミソリ派です。

ムダ毛の処理を始めたのは、中学生頃だったかと記憶しています。

当初は脇の下などを毛抜きで一本一本抜いていましたが、周りの友達と比べて毛の生える面積が広いと自覚していましたので、腕や脚は入浴時にカミソリを使うようになりました。

面倒に感じることも多々ありますが、「汗の量が増える」「シミができる」といったような、永久脱毛に関する噂にどうしても躊躇いがあり、今のところは考えていません。

女子力に欠けるのでしょうが、寒い地方に住んでいることもあり、冬場は肌の大部分を隠すようなファッションが多くなるので、正直お手入れをサボりがちになります。

ただ、お手入れの回数が少なくなるぶん、お肌は傷まないように思いますので、冬の乾燥肌対策のひとつになっているのかもしれません。

反対に夏場は、2?3日に1度程度のペースで処理を行っています。

30代後半ですが、このペースでも若い頃よりは頻度が少し減りました。

あまり肌をふやかすのも良くないと聞いたこともあるのですが、私の場合は半身浴の合間に剃るのが、いちばん肌に影響が少ないように思います。

最近は、思い立ったらお風呂でなくても処理ができる電動式のシェーバーも気になっており、口コミなどを見ながら検討しているところです。

Categories: