ナマ足でミニスカートに憧れて

年を取ってきたら、太くて厚い髪の毛も若干薄くなってきて、体毛もその影響があるのか薄くなってきており、今はそれほど悩んではいませんが、学生時代は毛深いことが悩みでした。体育の授業などで半袖短パンを着なければならない時は、本当に嫌でした。プライベートの時は、ロングスカートやタイツや丈の長いパンツだけをはいて隠したりしていましたが、さすがに登校の時や、授業はそれをすることができないので悩みの種でした。学生なので、エステなどでの脱毛は高いお金が掛かるので出来るわけもなく、当時はいろいろと試しました。脱色、ガムテープのような粘着テープ、脱毛クリームや脱毛ムース、どれもいまいちで、効果は長持ちしませんでした。ですが、少しの間だけでも薄くなったり、目立たなくなるならと。やっぱり直に抜く方が効果的だと判断し、患部を保冷剤などで冷やして感覚を麻痺させてから毛抜きで一本一本抜いたこともありました。激痛が走りましたがそれよりも何よりも、脱毛したいという気持ち、短いスカートやショートパンツをナマ足で穿きたい一心でやってました。でも、それも長続きすることはなく、今はT字カミソリを使ってのお手軽な脱毛に落ち着いています。脱毛方法としては、後から後から生えてくる毛とのいたちごっこで、おまけに尚更毛深くなるので良くないのでしょうけど、エステでの脱毛に憧れがありますが、今のところは予算の関係で、この方法はやめられないです。

今まで経験した脱毛と今

小学校低学年から脚などのムダ毛に不快感を覚えていました。他の子と比べてみたり、やはり見た目が気になる年齢になったからか気になったらそこばかり気になっていました。最初はカミソリで処理するも、肌荒れや埋没毛に苦しみ見た目が肌の状態事自体が悪くなるのはもっと嫌でムダ毛処理をすることを辞めました。

肌が落ち着いてからは除毛クリームやカミソリも4~5枚刃に変更、スキンケアを念入りに行うなど色んな方法を試して来ました。処理の頻度は2~3日に1回、疲れている日は処理が面倒で仕方ありませんでした。

社会人になってからは仕事の忙しさもあり、肌を露出する機会がある時にだけ処理を行っていました。基本困ることはありませんでしたが、友達の誘いで急にマッサージに行くことになったりした時には対応出来ませんでした。毎日処理をしなければ折角の楽しみも棒に振ってしまうこともり時折不便に感じることもありました。

そのまま何年も経過するのですが、結婚することが決まった際にクリニックにて医療脱毛を行い現在は処理せず過ごせています。

医療脱毛は光脱毛を行ったのですが光を当てる時の痛みと痛みを落ち着かせるための冷風に耐えれば特に辛いこともなかったです。

Categories: